この間市販の白髪染めでセルフカラーリングをしてみました

白髪

先日白髪染めをしました。40歳半ばを過ぎると、やはり頭髪にチラホラある白髪が気になってしまいます。最近は特に白髪が増え始めたので、2か月に一度自宅で白髪染めをするのが、習慣になっています。

しかし毎回染める度に思うのですが、もう少し楽に白髪を染める方法がないものか、と言う事です。私が使用している白髪染めは、市販のクリームタイプで髪に塗布するものですが、自分でムラなく綺麗に塗るのはとても大変です。鏡で見える範囲ならまだ良いのですが、後頭部ともなると感で塗っている様なものなので、どこを塗っているのかも全く分からず、いつも何となく塗り終えると言う感じなのです。

出来れば美容院でチャチャっとやってもらいたいけど、毎回となると金銭的にも大変ですから、不器用なりに何とか頑張ってセルフでカラーリングしています。今はトリートメントやシャンプー剤でお手軽に白髪を染める方法もありますが、ネットの口コミや知り合いの話だと一長一短の様で、髪質によっては上手く染まらなかったり、汗をかくと色落ちしたりすると言う話を聞くと、結局染めるのが一番良いのかなと思ってしまいます。

お店に行き白髪染め剤コーナーに行くと、どれにしようか迷ってしまうほど沢山の商品がありますが、私の場合なるべく髪に負担の掛からないものを選び、出来れば同じカラーの商品を使う様にしています。

自分で白髪染めをする時心配なのは、色がムラになったり度々のカラーリングで髪が傷んでしまわないか、と言う事です。商品を選ぶ時は値段が少し高くても髪への負担が少ないものを選ぶようにしています。

商品の中にはアフターケアでトリートメントが付いているものもあり、髪が傷む心配も軽減されますので、選ぶ基準にしています。白髪染めは面倒な事もありますが、やっぱり白髪が目立たない髪は気分的にも明るくなりますし、ヘアーアレンジしたりオシャレしたいなと言う気持ちにさせてくれますので、身も心も若返らせてくれる様な気がします。

今回自分で白髪染めをして、白髪が目立たなくなった髪を鏡で見てみると嬉しい気持ちになりますし、少しだけ自分に自信が付いたような気持になる事が出来ました。

これから先、白髪染め商品も色々と開発されて今よりももっと簡単で綺麗に染める事が出来、髪や頭皮に負担がかからない様な商品が出来れば、白髪に悩む全ての女性にとって本当に嬉しい事だと思います。これからも自分の身なりを気遣いながら、素敵な年の重ね方が出来る様にしていきたいなと思っています。

雨上がりのにくきゅうアート~かわいいので困ります~

ねこ

雨が降りましたね。勤務先の駐車場は青空駐車場なんですが、猫のたまり場になっているようで、朝も帰りもよく見かけます。1匹は駐車場の敷地の隣家の猫ちゃんでシロちゃんというようなんですが(この前、隣家のお母さんが「シロちゃん、シロちゃん」と声をかけていたので、おそらく。)、そのほかの子たちも、だいたい人慣れしている子ばかりです。

車から降りると足元にすり寄って来たり、たまにドアを開けた瞬間に車の中に侵入されることもあります。車を停める時にも、こちらはドキドキなんですが、猫ちゃんたちは慣れたもののようです。

ただ警戒心がない分、こちらも注意しなければと思って、帰りにエンジンをかける前には必ずいわゆる「ネコバンバン」をするようにしています。ネコバンバン、とは、車のエンジン部分を稼働前に叩いて、万が一猫が中に入り込んでいないかを確認する(そして追い出す)ことを言います。

雨宿りだったり、エンジンルームの熱が残っているので暖をとったり、猫は結構車によってきます。まれにエンジンルームの中に入り込んでしまう子がいるそうで、知らずにそのまま走行すると大惨事に…という注意喚起動画をどこかで見て、それからは季節を問わずやるようにしています。エンジンルームに入っていないとしても、タイヤの影だったりで眠っているとお互いに気づかないこともあるかもしれないので。

それで今日も帰りに車のフロント部分に回ったところ…なんだか大量の丸いものが?!猫だけでなく鳥も多いので、鳥のフンをされることも多いんです。それでもまあ1か所か2か所くらいのものなんですが、フロント部分の半分くらいに丸いものがびっしりと…これは酷い。落とすの大変だな、とがっかりしながら軽くネコバンバンをして家に帰ったのですが、帰宅してからよく見たらそれは猫の足跡でした。

そうか、雨が降ったからドロがついていたのね。お湯で流したらだいたいきれいに落ちて一安心。でも洗っているところによく見たら、ずべってずっこけたと思われる跡もあって思わず笑ってしまいました。まあ、でも帰宅途中に私の車を見た人は、きっと、鳥のフンいっぱいされていて気の毒に…と思われていたのではないかと。ちょっと恥ずかしかったです。

でもよく考えたら雨の後にあの足で車の中に入られたら…。今までは可愛いからむしろ入っておいで!という気持ちでいたのですが、雨の後の猫ちゃんには気を付けなければと思いました。

外食をした際、日本のお母さんは大変だな~と痛感しました

焼肉

先日近所の飲食店で外食をした際、日本のお母さんは大変だな~と痛感しました。利用した飲食店は、チェーン系の焼肉店です。お肉をオーダーすると肉が生のまま提供され、テーブル中心部に設置された七輪でお肉をお客様自身が焼き上げるというシステム。

値段のお高い高級店ならスタッフが焼いてくれたりしますけど、今回利用したのはごく普通のチェーン焼肉店なので自分で焼く事に。普段から利用する焼肉店ってこういうお店ばかりなので、特に違和感なくスムーズにお肉を焼いてました。同伴者と二人で食事をしていましたが、私は相手の分まで肉を焼いてあげたりして食事を楽しんでました。

ただ気になる事があったんです。周囲を見渡すと、家族4人組のお客様が少し離れたテーブルで食事をしていました。アラフォー女性(恐らくお母さん)、アラフォー男性(恐らくお父さん)、高校生ぐらいの息子・中学生ぐらいの息子の計4人というメンバーです。最初は家族4人で焼肉か~。家族団欒っていう感じがしていいよね~と感じてました。でもしばらく見てて、ある違和感が・・。

最初見た時、お母さんが席を立ってお肉を焼いてました。座高が高い人なら座ったまま、お肉を七輪まで運べますし、お肉をひっくり返したり焼きあがったお肉を小皿に移すなんてことも出来ます。でも座高が低いと、こういった作業を座ったまま出来ないんですよね。

席から立った方が体の自由度は増しますし、七輪まで手を伸ばすのも楽々。立ち上がると七輪を上から見下ろ形となるので、肉の焼き加減やひっくり返すのも容易になります。座高が低い人からすると、立った方が便利なのはわかります。でも食べる場合は座らないとダメですよね。そう、お母さんは肉を焼く係りとなっていて、全然食事をしてなかったんです。

そういうお母さんの事情を理解できないのか、お父さんも息子達もお母さんの焼いてくれるお肉をひたすら食べるだけ。順番でしてるならともかく、ずっとお母さんは立ちっぱなしで肉を焼いていたので順番制でもなさそうです。まあ子供(といっても中学生・高校生なので子供というには苦しいですが)は仕方ないとしても、お父さんは大人です。

焼きあがったお肉をお母さんの小皿に移し、お母さんも食べてね~なんて気遣いがあっても良さそうなもの。でもそういう気遣いをお父さんがすることはなく、お母さんはひたすら立ってお肉を焼いてました。

そういう気遣いの出来ないお父さんに息子達・・。そんな風に躾けてしまったお母さんの自業自得的なものもあるんでしょうが、シュールでした。私ならすぐ文句言って、お父さんや息子達にも肉を焼かせてるだろうな~と思います。でもそのお母さんはニコニコししながら立ってお肉を焼いてましたから、私のような不満なんて感じてないんでしょう。この光景を見て、お母さんは大変というか、偉大だな~と痛感しました。

別れの春。大好きなママ友が転勤で引っ越すことになりました

さくら

3月に入り、暖かい日が増えてだんだんと春になってきたのを感じます。春といえば出会いの季節であり、別れの季節でもあります。娘はこの3月に3年間通った幼稚園を卒園します。でも、ほとんどの子供が地元の小学校に進学するのでそこまで「お別れ」という感じはありません。しかしやはり別れは訪れます。

親子共々仲良くしてもらっていた娘のお友達が転勤で引っ越すことになりました。ラインでこのことを告げられた時、胸が張り裂けそうになりました。住んでいるところはうちも含め転勤でやってきた人が多く、いつかはこんな日がくるのは分かっていました。出会ったのは子供が2歳くらいの時に公園で遊んでいたときでした。

優しく穏やかな子で、うちの娘ともすぐに仲良くなりました。その子の母親も優しいけれど程よくさっぱりしていてとても付き合い易い人です。朝起きたら、家事を手早くすませて10時半くらいに公園に集まります。公園には常に5組くらい親子がいて、子供達が遊んでいるのを見ながら母親達はおしゃべりをしていました。

子供はとても可愛いけれどずっと二人だとしんどい時もあります。この公園の時間はリフレッシュできる大切な時間でした。公園で子育ての悩みや幼稚園はどこにしようとかいろいろ話しました。子供達が幼稚園に入ると、幼稚園の放課後やはり公園に集まりました。同じように子供達を見守りながら、毎日おしゃべりに花を咲かせました。習い事はどうしようとかランドセルはどんなのにしようとかそんな話をしていました。

だからこのままずっと一緒にいて「反抗期がきたようだ」とか「受験勉強をどうしたらいい」とかそういう話をずっとしていくものだと思っていました。「ママ友」はインターネットで面倒な存在だとか悪く言われることもあります。確かに会ってしんどくなる人もいますが、公園で集まるママ友はずっと付き合っていきたい人ばかりでした。

引っ越しのお金がないなら

昨日、卒園式の時に渡そうとこっそり作成している色紙のメッセージを書きました。今まで一緒に過ごした日々を思い出し、涙が止まりませんでした。娘はそんな私を見てびっくりしていたけれど、優しくよりそってくれました。

学生のころは春になると出会いと別れを繰り返していたのに、大人になって特に仕事をやめて専業主婦になってからは人と別れることはほとんどありません。ありきたりな言葉ですが「出会えてよかった」と心から思います。私たちはこの春から小学生の母親になります。遠く離れてしまいますが、お互いまた良い出会いがあるよう祈るばかりです。

寒い時期の遊ぶ場所って迷っちゃうんです…考えるの大変です

遊園地

旦那が休みだったのでお出かけする事にしました。寒い時期は公園に行けないので出かける場所を考えるのが大変です。いつも同じ遊び場だと飽きちゃいますし、室内遊園地はお金がかかるので毎回は控えたいところです。

色々と考えて思い付いたのがお隣、福島の道の駅!夏に両親と桃を買いに国見の道の駅に行った時に子供が遊べる立派な施設があり、無料で使えたのを思い出したんです。調べたら定休日でもなかったので向かう事にしました。車で1時間程度なのでドライブには丁度いい距離ですし、高速を使わなくていいのも嬉しいです。

息子がお昼寝してくれたのであっというまに到着!早く着いたので先に私だけトイレに行きました。ついでに隣の遊び場を覗いたら衝撃的な貼り紙が!

「本日、サークル活動のため貸切」

駆け寄るって見てみると午前はサークル活動、午後は清掃の為に使用できないということでした。ショックでしたが仕方がないので車に戻って旦那に伝えました。

息子が寝てるうちに白石まで戻って新しく出来た「小十郎ランド」に行こうかと思ったのですが旦那が周辺を調べてくれたら近い場所に他にも遊び場があるのが分かったので行ってみる事にしました。その場所から5分ほどで到着!

「ももりんランド」と書かれた建物の中に入ると懐かしい雰囲気でした。昔は学校の体育館だった場所を遊び場として活用しているようで壇上とか残っていて懐かしく感じたようです。とても広いし遊具もあって素晴らしい環境!

そして、無料で利用できるのが驚きです。宮城県だと無料でこんなに大きな施設はないのですが福島は多いようで羨ましいです。早速入ってみると息子も嬉しそうに発狂しながら走り出しました!

ふわふわドーム、ふわふわトラック、すべりだい、ボールプールなど沢山の遊び場のどこに行くのかな?と思ったらオモチャコーナーに行き電車で遊び始めました(笑)。家でもしてるような遊びだなと思いましたが本人が楽しいならば見守りましょう。

お友だちも増えてくると一緒に遊びたいのかトラックの上を走り出しました。同じくらいの女の子と鬼ごっこしてるかのように走り回って久々に輝くような笑顔を見せてくれていました。壇上ではおままごとセットがあり、息子は遊んだことがないから難しいと思っていたのですが驚きが!

椅子に座って食べ物を食べるふりをしていたのです。いつの間にそんな事を覚えたのか?日々の食事の賜物ですかね?写真撮りたかったですけど他の子が写ってしまうので我満です…!とても充実した遊びが出来ましたし道の駅のも再挑戦したいので次の休みも国見に遊びに来たいです。車で1時間だから友達を誘ってみようかと思います。

コレクションの和柄のハギレを使って、手作りのカードケースを作ってみました

ハギレ

100均でちょっと素敵な和柄のハギレを見つけると、後先考えずについつい購入してしまうのがマイブームになっています。和柄は1枚だけでもとても華やかですが、いろいろな柄や色を重ねてみても面白いです。

つい最近も、5~6枚衝動買いしてしまいました。買ったのはいいのですが、そのまま何も作らずに放置してしまうという状況のため、全部で20枚近くたまってしまい、頭をかかえてしまいました。

このままではもったいない、宝の持ち腐れとはこのことだわ!何かに使えないかしらと考えていたところ、今回たまたま初心者でも簡単に出来る手作りのサイトを見つけたので、早速チャレンジして作ってみることにしました。

さて、あまり器用ではない私でも作れそうなものはないかと探してみると、ありました。片手サイズのカードケースです。ボタンもチャックも縫い付けません。まず、指定されたサイズ通り長方形にカットします。山と谷を間違えないようにしっかりと折り畳んで、ミシンで2ヶ所真っ直ぐに縫います。折り畳んだところを2ヵ所ほど裏返して出来上がりです。特に難しい作業は一つもありませんでした。

今回、裁断から縫製、完成まで30分くらいで出来ました。濃紺など、全体的にわりと暗めの色が多い和柄の生地で作ったので、糸は黒を使用しました。自画自賛で申し訳ないのですが、私が作ったにしては出来上がりが大変美しく、とても綺麗に仕上がりました。

ちょっと友達に自慢できそうなレベルです。先ほど「全体的に暗めの色が多い和柄」と書きましたが、柄の場所によっては所々にピンクの桜の花が散りばめられ、花びらは金色に縁取られていて、まさに「和」を感じることができる美しい柄です。ちょうど桜の花柄が手前に現れるように計算しながら裁断したので、狙いどうりうまくいって大満足です。

ちなみに最近、子供の診察券と私の診察券が財布の中でごちゃ混ぜになっていたので、もう一つ作ればキチンと整理することができます。今回は大人っぽい落ち着いた和柄だったので、子供用はもっと可愛らしい薄い黄色の小花柄のハギレを使うつもりです。

ついでに小さな飾りボタンを数個付けたりと工夫しながら、基本は同じだけど応用をきかせた全く別物のカードケースが作れるんじゃないかな、と思っています。手作りは始めてみたら結構はまります。せっかく買った和柄のハギレがまだまだたくさん残っているので、もっと上手になったら少し大きめのもの、例えばバックとかクッションとかも作ってみようかな、と思いました。