雨上がりのにくきゅうアート~かわいいので困ります~

ねこ

雨が降りましたね。勤務先の駐車場は青空駐車場なんですが、猫のたまり場になっているようで、朝も帰りもよく見かけます。1匹は駐車場の敷地の隣家の猫ちゃんでシロちゃんというようなんですが(この前、隣家のお母さんが「シロちゃん、シロちゃん」と声をかけていたので、おそらく。)、そのほかの子たちも、だいたい人慣れしている子ばかりです。

車から降りると足元にすり寄って来たり、たまにドアを開けた瞬間に車の中に侵入されることもあります。車を停める時にも、こちらはドキドキなんですが、猫ちゃんたちは慣れたもののようです。

ただ警戒心がない分、こちらも注意しなければと思って、帰りにエンジンをかける前には必ずいわゆる「ネコバンバン」をするようにしています。ネコバンバン、とは、車のエンジン部分を稼働前に叩いて、万が一猫が中に入り込んでいないかを確認する(そして追い出す)ことを言います。

雨宿りだったり、エンジンルームの熱が残っているので暖をとったり、猫は結構車によってきます。まれにエンジンルームの中に入り込んでしまう子がいるそうで、知らずにそのまま走行すると大惨事に…という注意喚起動画をどこかで見て、それからは季節を問わずやるようにしています。エンジンルームに入っていないとしても、タイヤの影だったりで眠っているとお互いに気づかないこともあるかもしれないので。

それで今日も帰りに車のフロント部分に回ったところ…なんだか大量の丸いものが?!猫だけでなく鳥も多いので、鳥のフンをされることも多いんです。それでもまあ1か所か2か所くらいのものなんですが、フロント部分の半分くらいに丸いものがびっしりと…これは酷い。落とすの大変だな、とがっかりしながら軽くネコバンバンをして家に帰ったのですが、帰宅してからよく見たらそれは猫の足跡でした。

そうか、雨が降ったからドロがついていたのね。お湯で流したらだいたいきれいに落ちて一安心。でも洗っているところによく見たら、ずべってずっこけたと思われる跡もあって思わず笑ってしまいました。まあ、でも帰宅途中に私の車を見た人は、きっと、鳥のフンいっぱいされていて気の毒に…と思われていたのではないかと。ちょっと恥ずかしかったです。

でもよく考えたら雨の後にあの足で車の中に入られたら…。今までは可愛いからむしろ入っておいで!という気持ちでいたのですが、雨の後の猫ちゃんには気を付けなければと思いました。